【韓国・ソウル】最大に楽しむ!オススメプランと基本のき♪♪

手軽に行ける海外として人気の韓国・ソウル!食べ物も美味しい

し、買い物も安いし、旅行先にはもってこいです♪♪しかし、いくら手軽な海外といっても、海外であることには違いありません。日本と違う部分や、知らずに行くと後々後悔することもあります。そこで、ソウル旅行の基本のき!とお勧めの滞在方をご紹介します!

【ベストシーズン】ソウルの旅のシーズンは?

ソウルは日本と同じように四季があり、それぞれの季節で楽しむことができます。 しかし冬は、仙台や秋田と同じくらい北に位置していることもあり厳しい寒さの日が続きます。 雪はあまり降りませんが外を出歩く場合はしっかりとした防寒が必要です。 また、夏は東京や大阪同様厳しい暑さが続き、最高気温が40度前後の日もあるようです。 夏は暑く、冬は寒い。と考えたほうが良いかと思います。 やはり、観光のベストシーズンは、一般的には春や秋。 春は桜景色、秋には紅葉を楽しむことができます 特に、ソウルの憩いの場である漢江(ハンガン)沿いには桜のスポットも多く桜の季節にはお花見をしている様子が見れます。

View this post on Instagram

A post shared by e.sakai (@life_is_j0urney) on


【出発準備】ソウルに行くなら、これは持っていこう!

海外旅行の準備で大切なのが持ち物。
パスポートなど通常の海外旅行で必要なものはガイドブックなどを見て頂いて、特にソウルへ行く場合にあった方が良いものをご紹介させていただきます♪♪

□歯ブラシセット
韓国は、ホテルのアメニティでお部屋に歯ブラシが最初から用意されていことがほとんどです。これは、環境保護の為法律で部屋に用意してはいけないとなっている為です。
5つ星ホテルの場合は、フロント等に連絡すれば持ってきてくれますが、4つ星ホテルでも有料での提供となる場合があります。
また、韓国のコンビニ等で売っている歯ブラシは日本の物よりも「大きく」「固い」イメージです。せっかくなら、日本で買って行った方が良いかと思います。
また、同じ理由で髭剃りなども置いていないことがあります。
必要な方は持参されることをお勧めします。

□クレジットカード
韓国は、日本に比べクレジットカードの利用が多くなっています。
その為、屋台などでもクレジットカードが使えることがほとんどですし、列車などの自動券売機もクレジットカードのみ使用可能で現金が使えないこともあります。
デビットカードでも使用可能なので、クレジットカードを作りたくない方はデビットカードだけでもお持ちいただくことをお勧めします。


空港は“仁川国際空港”か“金浦国際空港”

ソウルへ行く際の空港は“仁川国際空港”か“金浦国際空港”の2つです。 ソウルの市街から“仁川国際空港”がバスで約1時間、“金浦国際空港”が40分。 仁川空港と金浦空港はあまり離れていなく、ソウル駅と仁川空港駅の中間ぐらいに金浦空港があります。 LCCなどの発着はほぼ仁川利用です。 東京の場合の“仁川国際空港”が成田空港、“金浦国際空港”が羽田空港といったイメージです。 (金浦の方が建物は古く、お店なども少ないですが、同じ敷地内にロッテマートがあるので買い物は便利!)

また、LCCなどは保安検査後、連絡用の地下鉄を使い遠い搭乗ゲートを利用することが多いです。(搭乗口101-132)
保安検査場が混んでいる場合、保安検査から搭乗ゲートまで30分ほどかかることもあります。ご注意を!
シャトルトレインを乗った先にも飲食店などはあるので、買い物とフードコートはシャトルトレイン前、コーヒーなどはシャトルトレイン後でも大丈夫です

空港からソウル市街への移動手段は?

基本的に、仁川空港からソウルへのアクセスは3通り。
一番ローカルが利用するのが「バス」
ソウル駅もしくはホンデ駅までなら、一番早いのは「A'rex(電車)」
待ち時間のロスが一番少なく、ホテルまで絶対迷わないのが「タクシー」

なので、ホテルの場所次第でチョイスが変わります。
ホテルのお勧めは”市庁”周辺やソウル駅周辺。
ソウルの中心であり、明洞や南大門にも近く、どこに行くにもアクセスがいいです。

仁川空港から市庁周辺には、バスの場合 KALリムジンの6701か空港バスの6005が便利です。
韓国はタクシーが安い為、空港からソウルまでは5000円前後で行けます。
その為、人数が多い場合はタクシーも選択肢になるはず。事前にオプショナルとして予約しておくとそれ以上安くなることもあります。

レンタカーという手段もありますが、日本とは交通ルールも異なり(車線)、韓国人の運転はかなり荒いためオススメしません・・・笑

両替は空港もしくはソウル駅がオススメ!!

ソウル旅行の場合、両替は現地方がレートが良いと言われております。
遠くに街中の両替所のレートがいいと言われていますが、チートされることもあるようです。。。
その為、オススメとしては空港内もしくはソウル駅の両替を利用するのが良いと思います!
また、こういった銀行が行っている正規の?両替所は「いくら以上でレート優遇!」というのがあるようなので、折角両替するのであればこの額を両替したほうがいいと思います。


ソウルの中の位置関係

もちろん、ソウルも大きな都市ですから、東京に渋谷や池袋や丸の内があるように、それぞれ大きな繁華街があります。 その中でも、日本人に人気なのが【明洞】【南大門】【東大門】【弘大(ホンデ)】【梨泰院(イテウォン)】【江南(カンナム)】あたりでしょうか。

【明洞】【南大門】【東大門】は比較的近い位置にありますが 【弘大(ホンデ)】から【江南(カンナム)】は45分くらいかかります。 なので、知らずに 江南に行く予定なのに、ホンデにホテルを取ったりすると時間をロスすることになります。 ある程度、目的と位置を調べてからホテルを予約しましょう!



ソウル駅を中心に考えると、ホンデはやや西、カンナムは南東側に位置します。 ソウル駅から明洞、東大門、南大門、光化門(景福宮)あたりは近く、迷いにくいので初めてのソウルの場合はこの辺りから観光するのがオススメです!

(上の地図でいう中心の緑のエリアです)

場所を覚えるために便利なのはソウルの憩いのスポットでもある漢江(ハンガン)と南山(ナムサン)。

 

 

ハンガンはソウルを横断している川で、南山は上の地図でほぼ中心、緑のエリアの一番下(南側)にあります。

大まかなスポット分けで、代表的なエリアをご紹介すると...



【中心部】 

南山(ナムサン)北側: 明洞(ホンヂョン)・東大門(トンデムン)・南大門(ナンデムン)・景福宮(北村韓屋村・三清洞)

西側: 弘大(ホンデ)・梨大(イデ)・新村(シンチョン)

南側: 梨泰院(イテウォン)・漢南洞(ハンナムドン)


【漢江を越える】 

漢江西側:汝矣島(ヨイド・漢江西部の人工島)・永登浦(ヨンドゥンポ)・新道林(シンドウリム) 

漢江南東側:江南(カンナム)・狎鴎亭(アックジョン)・清潭(チョンダム) 漢江東側:蚕室(チャムシル)・建国大学入口(コングックイック・漢江は越えていない) このようなイメージになると思います

※個人的なイメージです笑)

エリア別オススメ レストラン&スポット!

【南山(ナムサン)北側: 明洞・東大門・景福宮 周辺】

・レストラン

・ホテル

・スパ 

・エンターテイメント

【西側: 弘大・梨大・新村】

・ レストラン

・ホテル

【南側: 梨泰院・漢南洞】

・ レストラン

・ホテル

【免税店にて】免税店で安いもの・高いもの

海外旅行の楽しみと1つが、免税店ショッピングではないでしょうか。 仁川空港も免税店が豊富です! 化粧品の海外ブランドや電化製品などが割安で帰ることもあります。 特に、化粧品は安くなることも多く多くの人で賑わっています! ただ、気を付けなければ日本や街で買うよりも割高なものもあります。 特に、韓国土産の定番であるお菓子やカップラーメンなどは街で買うよりもだいぶ高めです! しかし、たばこなどは日本で買うよりも3割からものによっては5割ほど安いものもあります。最近ではアイコスのカプセルも取扱いされています。 事前に口コミなどで確認して、よりお買い得な買い物を楽しみましょう!


緊急の場合は・・・・ ▪

緊急電話 警察署:112 消防署:119 ▪

大韓民国日本大使館 電話:+82-2-2170-5200

Fax:+82-2-734-4528

海外旅行保険に加入している場合は、韓国での連絡先も事前に確認しておきましょう。